ようこそ!新しいカタチのボードゲームを目指すARTiMakeのブログです。


by artimake

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2013年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

出展を終えて・・そして再販について

f0255127_10224860.jpg

f0255127_17153357.jpg
昨日行われたゲームマーケット2013~春~に出展してきました。
到着が遅れるなどトラブルもありましたが、無事に店頭分及び予約分を完売することが出来ました。ありがとうございます!
合戦将棋は手作りの部分が多いので本当に嬉しかったです!

今回から会場がビッグサイトということでしたがARTiMakeは初参加、ゲームマーケット自体も初でした。広々とした会場に驚きつつ、それを埋め尽くす人の多さにはもっと驚かされました。最終的にどれだけの入場者数になったのかはわかりませんが、参加したイベントが盛況だったというのは嬉しいですね。次回の秋もぜひ参加してその盛り上がりに貢献したいと思います。
なので秋では新作のほかに今回数の少なかった合戦将棋の再販も行いたいと思っています。様子を見てからにはなりますが、いただいたご意見もあるので参考にさせていただきます。
今後も製作情報などはブログ・ツイッターでお伝えしていきます。
これからもARTiMakeをよろしくお願いいたします。
[PR]
by artimake | 2013-04-29 18:55 | 合戦将棋

予約受付について

合戦将棋の予約受付を開始いたします。
ご希望の方は受取時のお名前(twitterアカウント名等でもかまいません)を明記の上、artimakegames@gmail.comまでメールをお送り下さい。

受付が完了した方にはこちらから詳細をメールでお伝えいたします。

※お一人様1個とさせていただきます。
※当日は15時までに受け取りをお願いいたします。連絡がなく15時を過ぎてしまった場合は店頭分に回させていただきます。ご了承下さい。
※予定数に達した時点で受付を終了させていただきます。


予定数に達しましたので予約受付を終了させていただきました。
受付完了の方には詳細メールをお送りしましたのでご確認下さい。

予定数を遥かに超えるたくさんのお申込みありがとうございました。
お受けできなかった方々、誠に申し訳ございません。

少量ですが店頭分も用意しております。
そちらもよろしくお願いいたします。
[PR]
by artimake | 2013-04-21 12:00 | 合戦将棋

合戦将棋をより楽しむために。

コストの都合から見送りましたが、合戦将棋の旗の穴はTOMYTECさんのジオラマコレクション、情景シリーズ樹木・黒松と互換性があります。
f0255127_17253916.jpg
1セット3本入りで塗装済、葉は自分で接着します。これを使うと
f0255127_17283172.jpg
こうなります。大分臨場感が上がったんじゃないでしょうか?
黒松は枝の高さも高いので駒を重ねても平気です。まぁそれでも遊びづらくはなりますが。笑
f0255127_1731582.jpg
素組みだとこんなカンジです。枯れ木と思えばなかなかいいんじゃないでしょうか?

ジオラマを作るのは今回が初めてだったのですが、こうやって工夫して自分だけのオリジナルにしていくのが最大の魅力だと思います。
当日実物を見ていただいて、自分でも作れそう・作りたいと思った方にはぜひジオラマチャレンジしていただきたいです。もちろん合戦将棋を改造してもらってもかまいません。笑
こうしてほしいという意見もお待ちしております。
[PR]
by artimake | 2013-04-16 18:46 | 合戦将棋

価格・予約について

ようやく全てのコンポーネントが揃い、販売の目途も立ちましたので価格をお伝えしたいと思います。
f0255127_16552199.jpg
f0255127_16582858.jpg
f0255127_1659540.jpg

対戦型ジオラマボードゲーム合戦将棋
プレイ人数 2人
プレイ時間 60分
対象年齢  10才~
価格     4500円

同人ゲームとしては破格の値段になってしまいましたがご検討いただければと思います。
また少量ですが予約分も用意しました。
こちらは今週の21日・日曜日12時から受付開始の予定です。

[PR]
by artimake | 2013-04-16 17:13 | 合戦将棋

パッケージ・収納について

ジオラマボードゲームということで収納どうするの?というお声をいただきました。
そうですよね、そりゃ気になりますよね。説明が遅くなって申し訳ございません!

まずパッケージについてですが、特注ではなく最終的には萬印堂さんのA4ボックスサイズになりました。
f0255127_1671812.jpg
いかがでしょう?名付けて日の丸パッケージです。笑
ロゴはもちろんですがこの↓
f0255127_16151948.jpg
商品説明が特に気にいってます。
デザインはもちろんkiri bariの高松直人氏。
高松氏のkiri bariブログはコチラから→ http://www.kiribari.com

収納方法ですが簡単に言うとそのまま重ねるです。
遊び終わった後は駒を重ねずにボードの草むらに並べます。その他のコンポーネントは陣地に並べます。
f0255127_16255835.jpg
こんなカンジです。
駒をバランス良く散らしたほうが安定しますが、そもそも重たい素材は何も使ってないのでそこまで気にする必要はありません。また駒が草を踏むかもしれませんが撫でれば戻るのでこちらも気にする必要はありません。むしろ多少クセがついたほうがリアルです。笑
これを重ねてさらに衝立やマニュアルをのせれば完成です。
f0255127_16335164.jpg
芝シートと駒を合わせると草の高さを超えるので痛みません。
しいていうなら矢盾の足が若干心配なのでのせるのは上段にしたほうが安心です。
f0255127_16394144.jpg
これで高さ3cmにキッチリ収まって収納完了です。
コンパクトでコストカットにもなってます。
あとは汚さないようにだけ気をつけていただければと。
なにせ白なので。笑
[PR]
by artimake | 2013-04-16 16:50 | 合戦将棋

コンポーネント紹介 矢盾・伏兵シート

矢を防ぎ、障害物にもなる矢盾は4つずつ計8個入り。
f0255127_15353016.jpg
伏兵シートはカット済みのものが9枚と未カットのもの(コピー用)1枚が入ってます。買ってすぐ遊べるようにペンも1本おつけします。
f0255127_15355275.jpg
伏兵シートに関しては伏せた場所を覚えられれば使う必要はまったくないです。
忘れてしまいそうな時や不正防止に使っていただければと思います。
[PR]
by artimake | 2013-04-16 15:54 | 合戦将棋

コンポーネント紹介 駒・陣幕・旗

合戦将棋の駒は総数60個。ドイツ精神を見習いまして全て木製となっております。
f0255127_1403212.jpg
割高ではありましたが木製にするのは試作品一号から貫いてきたこだわりの一つです。まぁ将棋ですし、プラスチックではどうにも・・・なのでよく見ると小さな溝や切断痕があったりします。気にされる方はご注意下さい。

また大将駒には穴を開けてありますので大将出陣の際はぜひ旗を馬印としてお使い下さい。
f0255127_1424746.jpg
やぁやぁ我こそはーなんて名乗りをあげると一層盛り上がります。笑


次に陣幕と旗です。
7つある勢力それぞれに陣幕1枚、旗2本を用意しました。

織田軍
f0255127_147317.jpg
戦国といえばまずは信長。配下の武将も有名人ばかりで一番馴染みがあると思います。これ柴田勝家!とか決めて遊ぶのがオススメです。
あと秀吉はサルとして信長の下にいてほしいなと思いまして今回豊臣勢は用意しておりません。豊臣ファンの方申し訳ございません。

徳川軍
f0255127_1410754.jpg
天下人家康も戦国ものでははずせません。関ヶ原は無理ですが相手を武田にして三方ヶ原のリベンジはいかがでしょう?徳川四天王の他、忍は有名なあの服部半蔵です。忍駒をうまく使ってあげて下さい。

武田軍
f0255127_14195151.jpg
最強と名高い騎馬軍団に加えて武田二十四将や武田八陣形等燃える要素が満載です!風林火山を胸に信玄の無念を晴らしましょう。
独特な家紋は武田菱というそうです。

上杉軍
f0255127_14234718.jpg
武田軍との川中島の戦いはあまりに有名。合戦将棋の川もそのために作りました。
自ら武田本陣を強襲して信玄を斬りつけたという軍神っぷりを是非再現していただければと思います。
ちなみに旗の文字は毘と龍、毘沙門天と不動明王を意味するそうです。

斉藤軍
f0255127_151183.jpg
一介の油売りから一国一城の主にまで登りつめたというマムシ斉藤道三が有名。他にも美濃三人衆やあの竹中半兵衛も元々は斉藤家の軍師です。
オシャレな家紋は二頭波。

毛利軍
f0255127_14352322.jpg
中国地方ほぼ全域を治めた知将毛利元就と毛利水軍、あと息子達への三本の矢のお話が有名です。子だくさんということもあって個人的な脳内イメージは白ひげ(笑)合戦将棋では川しかないのが残念。
またまたオシャレな家紋は一文字三星紋。

新撰組
f0255127_1581875.jpg
最後はオマケの新撰組です。せっかく陣幕と旗を作るならと時代を超えて参戦していただきました。夢の対決をお楽しみ下さい。

以上になります。
当初陣幕は厚紙を折るだけの予定だったんですが、それだと息を吐いただけで吹っ飛んでしまったので、現在はボール紙に貼ってから切れ込みを入れて曲げてます。手間はかかりますがおかげでちょっとやそっとでは動じなくなりました。
ただくしゃみレベルには耐えられないので合戦中は気をつけて下さい。
[PR]
by artimake | 2013-04-16 15:24 | 合戦将棋

コンポーネント紹介 マニュアル

予約を前にまずはゲームの詳細を、ということでマニュアルを公開いたします。
合戦将棋のマニュアルはA4を2つ折りにしたサイズで全4ページとなっています。

ボードゲーム製作で一番苦労するのはマニュアルと聞いてはいましたが、
確かにその通りでした(笑)
何とか形にはなりましたが、わかりにくい点などまだあるかもしれません。
確認いただければと思います。
f0255127_1256381.jpg
f0255127_12562822.jpg

[PR]
by artimake | 2013-04-16 12:59 | 合戦将棋

合戦将棋のデザインについて

公式サイトに掲載したことでたくさんの方にアクセスしていただいております。
本当にありがとうございます!
若干プレッシャーに負けそうですが、期待に添えられるよう頑張ります。

お問い合わせいただいた価格・予約については現在検討中です。
整い次第ブログ及びtwitterにてお知らせいたします。もうしばらくお待ち下さい。
f0255127_20542449.jpg
さて、公式でも紹介させていただいた合戦将棋のロゴいかがでしょうか?
カラーリングは日の丸をイメージしていますが、最大の特徴は文字そのものです。
気づいた方はいらっしゃるでしょうか?
なんと全てアルファベットでできているんです。

打ち合わせの時、将棋のように世界中で遊んでもらえたら~なんて言っていたのを拾っていただいて、この漢字×アルファベット融合ロゴは誕生いたしました。
デザインして下さったのはkiri bari高松直人さんです。
他にも駒やパッケージ・カタログ原稿などデザイン全般を担当していただいてます。
つたないサンプルの集まりだった合戦将棋がここまで形になったのは高松氏のおかげです。
本当にありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願いします。

高松氏のブログkiribariはこちらから!ぜひご覧下さい。
http://www.kiribari.com
[PR]
by artimake | 2013-04-03 22:32 | 合戦将棋

戦闘について

現在制作中のマニュアルから戦闘についての部分を公開します。
2つの例を挙げて戦闘の仕組みを解説しています。
【駒について】の記事と併せてご覧下さい。
f0255127_22524340.jpg

[PR]
by artimake | 2013-04-02 22:40 | 合戦将棋

つかじろう
東京在住
artimakegames@gmail.com
Twitterボタン

カテゴリ

全体
合戦将棋

以前の記事

2013年 11月
2013年 09月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月

最新の記事

オプションルールについて
at 2013-11-19 23:25
出展ブース・ホールマップにつ..
at 2013-09-27 11:48
ゲームマーケット2013~秋~
at 2013-09-01 20:55
合戦将棋 ボツ案特集
at 2013-05-05 21:02
出展を終えて・・そして再販に..
at 2013-04-29 18:55

その他のジャンル

画像一覧